社内の業務作業をグループウェアで一括管理しよう

社内の業務作業をグループウェアで一括管理しよう

社員が多くいる会社では、それぞれの部署や社員同士が連携を図るために、いろいろなデータ共有方法を用意することになります。そのデータ受け渡し方法は社内のLANネットワーク経由であったり、メモリカードを使ったデータの手渡しなどいくつかあります。ですが渡すデータの量が増えてくるとそれでは手間がかかりすぎる場合があるでしょう。

社内LANネットワークを経由するローカルデータ共有ソフトなどもありますが、この方法では単にデータ受け渡しが出来ても複雑な検索やデータの列挙機能は不足している場合も多いです。

日本経済新聞に関するお役立ち情報サイトです。

このような場合にグループウェアサービスを使うと解決できる場合があります。

グループウェアとは、会社やチームでプロジェクトを進めるときの統合的な資料やデータの共有と、社員ごとに割り当てられたアカウントとのコミュニケーションを円滑に行えるサービスです。WEBサービスとして提供されているグループウェアでは、その管理ソフトは全てネットワークサーバ上にありますから、面倒なシステム保守や維持管理といった手間を削減可能になります。

グループウェア情報もきっとあるはずです。

このようなサービスでは、共有されているデータなどが紛失しないように丁重なバックアップ機構が備わっている場合が多く、複数人と資料を気兼ねなくやりとりが可能です。

有料プランでは月額ライセンスや年間ライセンス制度を採用しているところが多いですが、その変わりにサポートが充実しているので、トラブルが起きた際にはすぐに解決ができます。



Copyright (C) 2016 社内の業務作業をグループウェアで一括管理しよう All Rights Reserved.