日本の文明開化とグループウェアから繁栄へ

日本の文明開化とグループウェアから繁栄へ

どんな物事も初めての時はちょっとした心配に襲われるもので、明治時代の頃日本の各地に鉄道路線が敷設された際には黒い鬼が煙を吐いて疾走する蒸気機関車の錦絵が多く描かれたもので、そのためその当時鉄道の駅は市街地から離れた所に作られた事がその様子を今に伝えていますが、その心配を乗り越えて駅を建設した地域にはモノや人が集まるようになって繁栄を極めたとされます。グループウェアも同じ事で、初めはどんなものかわからない方には先に紹介した蒸気機関車の駅と同じように怖いものに思えるかもしれませんが、情報を便利に扱えるようにできる新しい道具であるので慣れてしまえば、便利で手放せないインフラとなるものです。

年輩の方なら経験あるかと思いますが、初めて家に電話が引かれて電話機がジリーンとなった時には怖いと思った方も多い方は多いとは思いますが、慣れて、日常に溶け込めば便利な生活必需品となって今に至っているもので、このグループウェアも電話機と同様に慣れてしまうと手放せない便利な道具となる事でしょう。



昭和生まれの方ですと平成時代から本格的に全国に普及し始めた自動改札機ははじめはおっかなびっくりだったものでしたが、今では、定期券をタッチで素早く通してくれるラッシュ時の日常光景となっています。

日経メディカルの情報はかなり役に立ちます。

これまでの回覧板的なものがこのソフトウェアに代わるときには、改札鋏の音が聞けなくなったような寂しさを覚えるかもしれませんが、自動改札化では味気ないとか言われたものですが、乗り越し時の便利さを覚えるともう以前の様には戻れないものです。

このグループウェアの導入にあたってもそれ以上に便利さが上回るものです。



Copyright (C) 2016 日本の文明開化とグループウェアから繁栄へ All Rights Reserved.