オフィスの内外情報格差解消にグループウェアを

オフィスの内外情報格差解消にグループウェアを

小売店やメーカ―の社内では営業部長が販売強化を目的として「外回り営業の強化」及び「店内接客の強化をせよ」といいったことを朝礼や会議の場で声高らかにスピーチをする光景は珍しくないものですが、同時にそれらの企業では上層部が「社員同士の連携を高めて情報共有とチーム力の強化を進めるように」と機会があるごとに話される光景もどこの企業でも見られるものとなりました。

さて、先に紹介しました営業部長と上層部のスピーチは外に出ると社内での情報の輪から離れるといった矛盾を起こしているのです。

この両者の主張の溝を埋めるツールとしておすすめするのが、グループウェアです。

教えて!gooについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

これは、オフィスにいれば、パソコンや内線電話がそれに、周囲の社員同士の会話情報が届けてくれるものですが、社外や売り場に出ると先に述べた様なものから離れて携帯電話のみの心細い情報網でつながれるため、社員相互の連携や社内情報に重きを置くと社員はオフィスから離れづらい状況におかれてしまうのです。

逆にオフィスから出ると情報の輪から外れてしまうという二律背反の状況です。

そこでオフィスの外にいながら、オフィス内同様に情報にアクセスができるグループウェアを紹介となります。



この、グループウェアにはこの他に、内の情報を外に届けるだけでなく外の情報を直接ウチに書き込める効用も見込むことができます。



営業担当者にとりましては「社に戻って確認して情報を日を改めまして、ご報告に伺います」という常套句を述べることなく、その場で、お客様に在庫の有無等の情報がお届けする事ができるため、スピード感あるビジネスを行えます。
グループウェアによっては、スマートフォン等の手軽な端末でアクセスができるのです。

Copyright (C) 2016 オフィスの内外情報格差解消にグループウェアを All Rights Reserved.