グループウェアの意味について

グループウェアの意味について

今回はグループウェアという用語の意味を紹介しようと思います。

グループウェアというのは、企業やある種の社会集団の中にあるコンピュータネットワークを活用した情報を共有していくためのシステムソフトウェアのことを言います。

wikipediaサイト利用者からとても評判です。

これを用いることの利点は主に作業、企業で言えば業務の効率化が図れるということです。

集団内のネットワークに接続されているユーザー同士での情報の交換、または共有という観点からみた作業の効率化や、スケジュール管理等などの主に企業などの業務に用いられるといった観点からみた作業の効率化、この2つの観点で利点が存在しています。

このようなスケジュール管理などの様々な機能が1つのシステムソフトウェアに結合されていてそれらがユーザーにサービスを提供しています。

グループウェアの主な機能は、上記で述べたスケジュール管理の他に、メールの送受信やメールの作成などが行える電子メール機能や掲示板に書き込むことでメッセージを交換できる電子掲示板機能などがあります。



この電子掲示板機能はBBS機能などとも呼ばれています。

このような機能の他にもグループウェアには様々な機能が存在していて、多くの人々によって使われています。



このように、グループウェアは企業などの作業の効率化などに広く使われています。

近年ではインターネット技術の向上によりウェブプラウザなどを使用したシステムが主流となっています。

このシステムは初期投資が低く抑えられるという利点があります。

時代の変化によって様々に応用が重ねられています。

Copyright (C) 2016 グループウェアの意味について All Rights Reserved.